トップ > 交通事故 示談 > 人身事故と物損事故の違い

人身事故と物損事故の違い

物損事故と人身事故とで、損害補償に関してどこが違うのでしょうか?
人身事故では原則的に「自賠責保険」が適用されるが、物損事故では自賠責保険が適用されないというのが大きな違いです。

自賠責保険とは、対人賠償のみ保障される保険です。
車両は強制的に自賠責保険に加入されているので、人身事故の場合は原則的に無保険ということはありません。

しかし、物損事故の場合は、自賠責保険で損害が補償されません。
したがって、事故の相手がたまたま任意保険に加入していない場合、全く保険のない状態で示談交渉をする必要があります。
そのため、事故の当事者である相手が経済的に賠償金を支払う能力が低い場合は、かなり不安です。

ただし、人身事故の場合も、自賠責保険があるからといっても万全ではありません。
交通事故による怪我によって、長期入院をするハメになった場合、自賠責保険の限度額だけでは補償が足りないケースも多いからです。

このように、自賠責保険だけでは被害者に対して十分な損害補償ができないことが多いです。
したがって、任意保険の加入が必要となってくるのです。

さらに、人身事故に備えて「人身傷害補償」に加入すると、なお安心です。
「人身傷害補償」とは、交通事故当事者の過失割合とは無関係に、請求すれば保険金を支払ってもらえる補償制度のことです。

また、「人身傷害補償」は保険会社からすぐに保険金を支払ってもらえる補償制度です。
相手との示談交渉は、なかなかスムーズに進まず、難航することがありますが、その場合でも入院に必要なお金が早期に支払われるので安心です。

どの損害保険会社でも、最近では「人身傷害補償」の加入を勧めていますし、付帯率も上がっているようです。
それだけ、安心できる補償制度だということでしょう。

このページのカテゴリーは「交通事故 示談」です。
関連ページ

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか? とく...

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか? 自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入...

任意保険とは?

自動車の所有者が任意(自分の意思で)で加入する保険のことを「任意保険」といいます...

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額...