トップ > 交通事故 示談 > 交通事故問題と行政書士

交通事故問題と行政書士

交通事故問題で、行政書士は、どんなことをするのでしょう?

行政書士は、一言で言うと依頼者のサポート役です。
交通事故の損害賠償や示談交渉を素人が一人で行おうとしても難しいものがあります。
相手を納得させつつ、自分の主張をしていくにはそれなりのノウハウが必要です。

また、示談交渉において、様々な書類の作成や手続きの方法が分からず、困ってしまうこともあります。
そんな場合に頼りになるのが、行政書士です。

具体的には、次のような場合に行政書士を依頼します。

・専門家に相談したいが、あまり費用をかけられないケース
・なるべく自分で示談交渉し、事務的なサポートだけ頼みたいケース
・自賠責保険の手続を自分で進めたいケース
・相手から提示された示談金の金額や、事故の過失割合が妥当かどうかを第三者に確認してほしい場合
・損害賠償の請求やその根拠に関する内容証明を作成し、事故の当事者に伝えたい場合
・後遺障害等級認定に納得がかない場合
などです。

行政書士を依頼したときのメリットは次のとおりです。
まず、比較的に安い費用で示談交渉に関する相談に乗ってくれます。
次に、妥当といえる解決策が見つかれば、交通事故問題を早期に解決できることができます。

行政書士に依頼できないことは次のとおりです。
依頼者である貴方の代理として、相手と交渉することは不可能です。
あくまで当事者であるあなた自身が相手方を交渉します。
また、裁判になった場合、行政書士はサポートすることができません。
さらに、依頼された内容によっては、引き受けることができないこともあります。

このページのカテゴリーは「交通事故 示談」です。
関連ページ

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか? とく...

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか? 自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入...

任意保険とは?

自動車の所有者が任意(自分の意思で)で加入する保険のことを「任意保険」といいます...

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額...