トップ > 交通事故 示談 > 交通事故問題と司法書士

交通事故問題と司法書士

交通事故に関する問題を専門家に相談する場合、司法書士を相談相手として選ぶという方法があります。
では、司法書士は交通事故問題に対してどのようなことをしてくれるのでしょうか?
ここでは、司法書士について解説したいと思います。

物損事故の場合や損害賠償額が少額のケースでは、弁護士と同じような役割を司法書士は果たしてくれます。

たとえば、裁判が必要となったとしましょう。
この場合、司法書士に依頼すれば、弁護士を雇わなくても、裁判に関わる複雑な手続きや書類作成の方法などを教えてくれます。
140万円以内の損害賠償請求額で、物損事故の場合、弁護士とほぼ同じ役割を司法書士は果たしてくれます。

司法書士を頼むことでメリットがあるのは具体的に次のような場合です。

・あまり費用がかけられないが、手続きが複雑で、専門家に頼みたい場合。
・裁判を起こして解決させるために、必要な答弁書や訴状などの書類を作成して欲しい場合。
・交渉を決裂させたい場合
・なかなか決裂しない物損事故を解決したい場合
などです。

司法書士に頼む場合のメリットして挙げられるのが、まず報酬が比較的低額で済み、気軽に相談できるということです。
さらに、司法書士費用が一部負担される自動車保険もあります。
このような保険に加入している場合、さらに費用を抑えることが可能です。

ただし、損害請求金額が140万円を超えるケースでは、相手側と交渉することができません。
また、相手側が弁護士を代理としていれば、依頼人に負担がかかります。
このような業務上の制限が司法書士にはあります。

最初は「司法書士を依頼するのが適切なのか」という点が疑問になると思います。
最初は無料で相談に乗ってくれる司法書士もいますので、まずはそういう司法書士に相談するのが良いでしょう。

このページのカテゴリーは「交通事故 示談」です。
関連ページ

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか? とく...

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか? 自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入...

任意保険とは?

自動車の所有者が任意(自分の意思で)で加入する保険のことを「任意保険」といいます...

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額...