トップ > 交通事故 示談 > 弁護士と交通事故問題

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額になります。
そうすると、相手との示談交渉もスムーズに進行しないことがしばしばあります。

このような場合、法律のプロである弁護士に相談すると良いかもしれません。
弁護士に依頼すれば、難航している示談交渉でも、スムーズに進めてくれたり、あるいは有利な方向に進めてくれる可能性があります。

弁護士に依頼するのが良いのは、主に次のようなケースです。

・交通事故の相手側が弁護士を依頼している場合
・しっかりとした証拠があるにもかかわらず、相手がこちらの要求を受け入れない場合
・相手が裁判を起した場合
・過失割合について相手との妥協点が見つからないケース
・交通事故のせいで後遺障害を負ったものの、正当な等級が認められなかったケース
・相手が全くこちらの話を聞き入れない場合
・一方的に自分が加害者にされてしまった場合
などです。

示談交渉に弁護士を依頼することで考えられるメリットは次のとおりです。

・相手との示談交渉をすべて代理で行なってくれ、自力の交渉で感じる不安や心配から解放されます
・裁判を視野に入れた、大局的な示談交渉が期待できます

弁護士を依頼するデメリットとしては、依頼に要する費用が高額だということです。
ただし、加入している自動車保険や裁判によっては、費用の一部が負担されるケースがあります。
この場合、弁護士の依頼費用をある程度削減することができます。

また、弁護士にも得意分野とそうでない分野があります。
したがって、弁護士を依頼する際には、特に交通事故問題を専門としている弁護士を選ぶことは重要なポイントです。

このページのカテゴリーは「交通事故 示談」です。
関連ページ

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか? とく...

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか? 自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入...

任意保険とは?

自動車の所有者が任意(自分の意思で)で加入する保険のことを「任意保険」といいます...

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額...