トップ > 交通事故 示談 > 自賠責保険とは?

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか?
自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入することが法律で義務付けられている保険です。
別名「強制保険」と呼ばれるように、車両を運転する際には自賠責保険に必ず加入している必要があります。
万が一加入していなかった場合は、法令違反ということで罰則が与えられます。

自賠責保険の内容について次に述べます。

まず、自賠責保険は限度額が定められています。
補償の限度額は次のとおりです。
死亡事故・・・最高で3,000万円
後遺障害・・・3,000-4,000万円
負傷・・・120万円

交通事故が発生した場合、被害者は一人ではなく複数の場合もあります。
そのようなケースでは、それぞれの被害者に限度額までの補償金が支払われます。

ただし、自賠責保険によって損害補償されるのは人身事故の場合だけです。
物損事故の場合は自賠責保険の補償の対象になりません。

ちなみに、自賠責保険の契約期間中に複数回利用することになった場合でも、補償金額が減額されることはありません。

自賠責保険は強制的に加入するもので、自動車を運転するうえで最低ラインの補償としての位置づけですから、自賠責保険だけでは不十分な点がいくつかあります。

まず、自賠責保険の補償金額は上記のように一定の限度額までなのですが、死亡事故や後遺障害のような重大な人身事故の場合、この限度額では不十分なことがほとんどです。
負傷の場合でも最高額が120万円なので、十分でない場合も多いでしょう。

さらに、交通事故によって運転者自身が負傷した場合は補償対象になりませんし、物損事故も補償の対象外です。

このように、自賠責保険だけでは補償されない事故の事例はいくらでも考えられますので
、任意保険へ加入する必要があるのです。

このページのカテゴリーは「交通事故 示談」です。
関連ページ

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか? とく...

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか? 自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入...

任意保険とは?

自動車の所有者が任意(自分の意思で)で加入する保険のことを「任意保険」といいます...

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額...