トップ > 交通事故 示談 > 交通事故の加害者の措置について

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか?

とくに、人身事故で相手を負傷させてしまった場合や、人的な被害のない自損事故を起こした場合、交通事故を起こしたドライバーは現場で次のような措置をとりましょう。

負傷者の救護(人身事故のとき)

交通事故を起こしてしまったら、まず最初に自動車を安全な場所に停車します。
自分が動くことができ、怪我人がいる場合は、その被害者を救護することが最優先です。

被害者が軽症であれば、ひとまず安全な場所に移動してもらいましょう。
しかし、万が一重傷であれば直ちに救急車を要請しましょう。
また、救急車が来るまではむやみに被害者を動かしてはいけません。

被害者が軽症で話せるような状態なら、本人から氏名・住所を尋ねておきましょう。

交通事故の二次被害の防止

加害者は、交通事故の二次被害を防止しなければならず、そのための措置を講じる必要があります。
交通事故現場では、警察が事故状況を確認します。
ですので、交通事故を起こした自動車や現場の状況は、二次被害の心配のない限り、そのままの状態にしておきます。
ただし、現場をそのままにしておくと、後続車両が追突するなど二次被害が予想される場合は、安全な場所に移動させましょう。

交通事故発生の報告義務

交通事故を起こした加害者は、すぐに警察へ事故の発生を報告する義務があります。
警察官が事情聴取を行いますので、起こったことを素直に説明してください。

人身事故で被害者が救急車で病院に搬送された場合は、搬送先の病院を教えてもらいましょう。
現場の警察官か救急隊員に尋ねてください。

また、事故現場の住所を聞いておきましょう。
そのときに分からない場合は、事情聴取した警察官の連絡先を聞き、後で尋ねましょう。

保険会社への連絡

自動車保険の契約をしている保険会社、あるいは損害保険代理店に連絡します。
報告を怠った場合、保険金を支払われなくなるケースもあります。
当然のことながら、警察への交通事故の報告がない場合も保険金は支払われません。

その他

交通事故の目撃者がいたら、連絡先を聞きいておき、もし可能であれば、警察で交通事故の目撃状況を証言してくれるようにお願いしましょう。

人身事故の事情聴取が終わったら、被害者が搬送された病院へお詫びとお見舞いに行きましょう。
被害者が話せる状態で可能であれば、治療費などの支払いなどについて話し合ってください。

前の記事:自賠責保険とは?

このページのカテゴリーは「交通事故 示談」です。
関連ページ

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか? とく...

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか? 自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入...

任意保険とは?

自動車の所有者が任意(自分の意思で)で加入する保険のことを「任意保険」といいます...

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額...