トップ > 交通事故 示談 > 保険会社は正しいか

保険会社は正しいか

交通事故の被害者になった方なら経験があるかもしれませんが、保険会社の提示する損害賠償額が予想外に低くて驚くことがあります。
保険会社の説明も、聞いたところ一応筋の通っているので、何となく不満を持ちつつも納得してしまった、ということもあるでしょう。

次のような説明を保険会社の担当者から受けたことはないですか?

「あなたの方にも過失があります。ですのでこのくらいの損害賠償額が妥当です」
「こういうケースは過去の判例でも承認されています。裁判を起こしても変わらないと思いますよ」
「あなたの負った怪我の程度なら、仕事に支障はありませんので休業損害を受けることはできませんよ」

仮に保険会社からこのように言われたとしても、交通事故の被害者は、納得しないままに従う必要はありません(納得したのならいいのですが)。
まず自分自身で把握すべきことがあります。
それは、自分が遭った交通事故の被害の損害賠償額がどのくらいになるのかを知ることです。

最も危険なのは、交通事故の被害者本人が、損害賠償をどれだけ請求できるのか把握していない状態で示談することです。
専門家に相談して損害賠償額を明らかにするようにしましょう。

交通事故によって被害を受ければ、肉体的にも精神的にも労力的にも大変な面があります。
しかし、そうは言っても、損害賠償について自分で勉強し、妥当と考えられる損害賠償額を計算し、その根拠を相手側に示すことは、不当に損害をこうむらないためにも非常に大切なことです。

交通事故の損害賠償について知識が全くない状態から、急に法律的な知識を勉強しても、保険会社に対して示談交渉するのは、実際のところかなり困難でしょう。

それでも、被害者としての自分の権利をしっかりと補償してもらわなければいけません。
そのために大切なのは、弁護士や専門家など、相談機関を上手に利用することです。

このページのカテゴリーは「交通事故 示談」です。
関連ページ

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか? とく...

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか? 自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入...

任意保険とは?

自動車の所有者が任意(自分の意思で)で加入する保険のことを「任意保険」といいます...

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額...