トップ > 交通事故 示談 > 交通事故の被害者がすべきこと

交通事故の被害者がすべきこと

突然交通事故に巻き込まれ、被害者となってしまったら、どうしますか?
特に初めての場合、どうしたらよいか分からないと思います。

交通事故の被害者はどうすれば損害賠償してもらえるのでしょうか?
それも分からないと思います。

答えを言うと、何もしなければ損害賠償してもらえません。
交通事故の被害者は自分で損害賠償の請求をする必要があるのです。

加害者や保険会社に1から10まで任せてしまっては、交通事故の被害者のあなたが満足して解決することは難しいでしょう。
確かに、被害者であるあなたのことを考えて、親身になって損害賠償に対応してくれる人もいろと思います。
しかし、それでも何も言わずに全面的に任せていたら大丈夫、というわけではありません。

交通事故の被害に遭った直後では、肉体的にも精神的にもショックを受けている時期かもしれません。
しかし、自分自身が納得のいく補償を受けるために欠かせないのは、自分自身が進んで行動をとることなのです。

それでは、被害者が十分な損害補償を受けるには、何をすべきでしょう。
その第一歩は、他のページでも述べていますが、妥当な損害賠償の金額を自分自身で把握することです。

被害者の心理として、低すぎない程度の賠償金を受け取ることができれば、それで十分で、早く問題を解決したいと考えがちです。
その結果、適切でない損害賠償額でも示談書や免責証書に押印してしまうのです。
確かに交通事故の損害賠償という問題をできるだけ早く解決したいという気持ちが働くのは無理からぬことです。

しかしそれで本当にいいのでしょうか。
自分で十分に検討せず、保険会社から示された金額を適切な損害賠償額であると無条件に考えてしまってもいいのでしょうか。
自分で適切な損害賠償額を吟味することも、のちのち後悔しないためにも必要なことです。

このページのカテゴリーは「交通事故 示談」です。
関連ページ

交通事故の加害者の措置について

交通事故を起こしてしまった場合、現場でどういう措置をとればいいでしょうか? とく...

自賠責保険とは?

自賠責保険とはどのような保険でしょうか? 自賠責保険とは、任意保険と異なり、加入...

任意保険とは?

自動車の所有者が任意(自分の意思で)で加入する保険のことを「任意保険」といいます...

弁護士と交通事故問題

大きな交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合は、損害賠償額が大きな金額...